【沖縄】沖縄市の中央パークアベニューのバーやヘアサロンだった空き店舗を改装した「トリップショットホテルズ・コザ」の客室で19日(土)、20日(日)の両日、県内クリエイターが手掛けた雑貨やTシャツ、写真、イラスト、菓子などを販売するイベント「Creator’s Room(クリエイターズルーム)」が開かれる。

客室でクリエイターズルーム開催をPRする(右から)奥原佐和子さん、ファンファーレ・ジャパンの神山繁取締役=16日、沖縄市のトリップショットホテルズ・コザ

 主催者で同ホテルを運営するファンファーレ・ジャパンの神山繁取締役は「歴史ある街で、個性的な部屋とクリエイターとの融合を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 客室は前店舗の面影を残す造りで、会場の10室はそれぞれコンセプトが異なる。普段は宿泊者しか目にできない部屋を無料で内覧でき、空間に合わせて展示されたアートをその場で購入できる。出展クリエイターの奥原佐和子さんは「アートを身近に感じてもらえれば」と話した。

 通り沿いにある本部「プレイヤーズカフェ」で当日受け付けが必要。入室の人数制限など、感染対策を実施する。午前11時~午後6時まで(受け付けは午後5時半まで)。問い合わせは同カフェ、電話098(929)1169。詳細は https://koza.tripshot-hotels.com/creatorsroom/