沖縄タイムス+プラス プレミアム

全盲の男性、辺野古に100回以上も通い続ける理由 「戦争は多くの障がい者を生み出す」

2017年4月2日 13:33有料

 生まれつき全盲の那覇市の男性(65)は2年半で計100日以上、「島ぐるみ会議」が運行するバスに1人で乗り、辺野古の座り込みに参加してきた。「新基地建設を止めるため、少しでも貢献したいという思い。同じ思いの仲間に支えられ、続けることができている」と話す。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ