地域社会の一員として共に生きるアイデアを-。沖縄県内在住のネパール人が、地域住民と膝を突き合わせて共生の道を探る試みが草の根で始まった。日本留学ビジネスの過熱にけん引される形で、この5年で約11倍に急増した県内のネパール人。