1966年にロサンゼルスで生まれた比嘉さんは、2歳の時に両親の生まれ故郷沖縄に一家で引き揚げ、中学1年まで沖縄市で過ごし、再び家族でロサンゼルスに戻ってきた。英語を覚えておらず、中学の間は英語で苦労し、離れ離れになった友達が住む沖縄に戻りたいと、いつも夢見ていたそうだ。