オリオンビール(村野一社長)は22日、低炭素社会の実現に向け、沖縄電力(本永浩之社長)の木質バイオマスを燃料の一部として提供している電力「うちな~CO2フリーメニュー」を契約したと発表した。  名護工場で使用する電力の半分を同メニューに切り替え、二酸化炭素を年間約3500トン削減する。