昨年4月の熊本地震からまもなく1年。自宅が壊れ仮設住宅などで暮らしてきた熊本市内の子どもたちがサッカーチームを組み、3日に金武町で始まったサッカー大会に参加した。全国で被災地支援に取り組むサッカー関係者が招待し、子どもたちは「最高の春休みになった」と喜んだ。