「心の旅」「青春の影」「虹とスニーカーの頃」など数多くの名曲・ヒット曲で知られる人気バンド「TULIP(チューリップ)」がデビューから50周年を迎え、4月から大規模な全国コンサートツアーを行う。

 札幌オリンピックやあさま山荘事件、沖縄の日本復帰などがあった高度成長末期の1972年。日本のビートルズになるという夢を本気で追いかけた博多の若者5人が上京した。6月に「魔法の黄色い靴」でデビュー、翌73年に発表した3曲目の「心の旅」(オリコン1位)で大ブレークを果たす。

 1989年に解散したものの97年に1回目の再結成をした後、35周年、40周年、45周年などの区切りで再結成と全国ツアーを重ねてきた。

 そして50周年。メンバーの財津和夫さん(74)に、今回のツアーにかける思いのほか、1970年代の「心の旅」や「青春の影」など名曲制作の舞台裏についてもたっぷり聞いた。合計1万字以上のロングインタビュー、3回に分けてお届けする。...