4月に開幕する「島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭」(主催・同実行委員会)まで残り50日となった25日、特別上映会やトークなどのイベントが那覇市内であり、お笑いコンビ「ガレッジセール」や「ありんくりん」が映画祭をPRした=写真。イベントは、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも配信された。

50日前イベントで沖縄国際映画祭をPRする、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさん

50日前イベントで沖縄国際映画祭をPRする、お笑いコンビ「ガレッジセール」と「ありんくりん」=25日、那覇市・よしもと沖縄花月

50日前イベントで沖縄国際映画祭をPRする、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさん 50日前イベントで沖縄国際映画祭をPRする、お笑いコンビ「ガレッジセール」と「ありんくりん」=25日、那覇市・よしもと沖縄花月

 ガレッジセールの照屋年之(ゴリ)さんが監督した「演じる女」を上映。特別トーク企画では、ガレッジセールとありんくりんが登壇し、ゴリさんは左腕にギプス姿で登場。「ウケた」公演後に雨でぬれた路上で「滑った」と骨折の理由を面白おかしく伝えて笑いを誘った。

 写真を見て国際通りにある建物を当てるクイズでは、かつて通り周辺に14館あった映画館が点在する地図が示され、登壇者たちが驚いていた。

 ゴリさんは「今年は復帰50年の節目で、節目は人のパワーが出る。映画祭が、来場した人の背中を押すきっかけになってほしい」と期待した。

 映画祭は4月16、17日、国際通り周辺、桜坂劇場、那覇市民ギャラリーなど県内各所で開催。映画のほか、お笑いや音楽ショー、スポーツイベントなども予定されている。