サッカー明治安田生命J2第2節第1日は26日、各地で2試合が行われ、FC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムでジェフユナイテッド千葉に1―2で敗れた。通算成績は1分け1敗。琉球は2234人の観客を集めたホーム開幕戦で、今季初白星を飾れなかった。

FC琉球-千葉 前半26分、琉球の上原慎也がヘディングシュートを狙う=タピック県総ひやごんスタジアム(伊禮健撮影)

 琉球は開幕戦に続いて先発に6人の新加入選手を起用。前半は右サイドのDF金井貢史、MF大本祐槻を起点に何度かゴールに迫ったが同25分、左CKから失点を許した。後半開始から左MFに中野克哉、FWに清武功暉を投入したが、同16分にカウンターから手痛い2点目を奪われた。

 それでも同20分、右CKのこぼれ球をMF中野克哉が素早い切り返しから右足で低い弾道のシュートを決めて反撃開始。同28分にはMFの上里一将とFW阿部拓馬が交代出場して攻め込んだが、追いつけなかった。アディショナルタイムにDF沼田圭悟が放ったヘディングシュートはクロスバーに阻まれた。

 次節は3月5日午後4時から、タピック県総ひやごんスタジアムでいわてグルージャ盛岡と対戦する。