沖縄タイムス+プラス ニュース

ジュゴンの海守る 記録映画「ZAN」きょう5日、名護市で上映会

2017年4月5日 10:57

 名護市辺野古の大浦湾に生息するジュゴンを追ったドキュメンタリー映画「ZAN」がこのほど完成し、初めての上映会が5日、同市民会館で開かれる。大浦湾の保護活動をしてきた公益財団法人「日本自然保護協会」と、東京都の広告制作会社が協力し、大浦湾の海や、ジュゴンの保護に取り組む人たちへのインタビューなどを最新機器で映像化した。

撮影でインタビューをするリチャード・グレハンさん(右)ら(広告制作会社「イメージミル」提供)

 監督は、アイルランド人のリチャード・グレハンさん(47)。約10年前から日本に住み、広告制作会社「イメージミル」を設立し、さまざまな映像を記録してきた。辺野古で新基地建設工事が始まっていた2015年秋、同協会から「美しい辺野古の海が壊されかねない。記録して多くの人に伝えたい」と相談を受け、同年11月から撮影を始めた。

 リチャードさん自身がダイバーとともに大浦湾に潜ってサンゴを撮ったり、ジュゴンが海草を食べた跡を撮ったりした。ジュゴンの目撃者や辺野古に住む人ら約50人にインタビューもしたという。題名は、ジュゴンを意味する沖縄の言葉からつけた。

 上映時間は49分。5日は午後6時半からリチャードさんのあいさつがあり、上映後、出演した歌手の海勢頭豊さんのミニライブなどもある。リチャードさんは「基地問題の賛否はあるが、自然を守りたいという思いは共通だと思う。多様性に富んだ海の魅力を感じてもらえるはず」と話した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS