沖縄タイムス+プラス プレミアム

名護市、キャンプ・シュワブで文化財調査へ 発見で工事影響も

2017年4月6日 07:52

 沖縄県の名護市教育委員会が6日、新基地建設予定地の米軍キャンプ・シュワブ沿岸一帯で埋蔵文化財調査に入ることが分かった。これまでシュワブ内の部分的な調査にとどまっていたが、初めて建設予定地の陸域、海域の両方で全体的な調査を行う。新たな遺物が見つかれば、工事スケジュールに影響を与える可能性もある。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS