「行ってくるね。せっちゃんも気をつけてね」「いってらー」。思春期の娘が久しぶりに返事をくれた。「良い一日になるな」。父親はそう思った。これが娘と交わした最後の会話になった。