怒りと明るさ、諦念が同居する奇妙なラップ。ジャズの香り漂う奥行きのある演奏。過去の黒人音楽の引用とオマージュ―。英語がすぐには聴き取れない私にも直感的に内省的な人物像が伝わるそのアルバムは、ほかで聴...