沖縄タイムス+プラス ニュース

首に腕を回し押さえ込む警察官…女性「とっさにかんだ」 基地抗議の3人釈放

2017年4月8日 10:12

 沖縄県警は米軍基地に反対する抗議集会中に基地内へ侵入したり、警察官にけがを負わせたなどとして逮捕した男女3人を7日、刑事特別法違反や公務執行妨害などの容疑で那覇地検に送致した。地検は勾留請求をせず、3人は同日夜、処分保留で釈放された。今後、在宅で捜査を続けるとみられる。

警察官に押さえ付けられる女性=6日午前9時28分ごろ、名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブ沿いの道路(読者提供。画像の一部を加工しています)

■「適正に制圧」と警察

 女性2人が釈放された沖縄署では市民ら約50人が花束を手に出迎えた。

 公務執行妨害と傷害容疑で逮捕された女性(65)は、逮捕時に警察官が女性の首に腕を回し、締め付けるように押さえ込んでいる姿を市民が撮影していた。

 女性は「押さえ付けられた恐怖と怒りで首を絞められたかは覚えてない。とっさにかんでしまったが暴力はいけないとすぐに口を開けた。今後は非暴力の抗議に徹したい」と語った。

 市民からは強圧的な手段に反発の声が上がったが、県警は「被疑者を適正に制圧しており、正当な逮捕行為」とコメントした。

■軍警備員が独断で…

 刑特法容疑で逮捕された女性(71)は基地との境界を示すイエローラインを越えたとして米軍警備員が身柄を拘束。「ラインは数センチ越えただけ。権力の横暴で、抗議の声は弱めてはいけない」と訴えた。

 普天間飛行場ゲート前でラインを越えたとして逮捕された男性(84)も同日夕以降、宜野湾署で釈放された。三宅俊司弁護士は「日本側では逮捕に至らないわずかなライン越えを軍警備員が独断で身柄を拘束している。不当な逮捕で、日本の司法手続きを踏まえていない」と憤った。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS