RBCiラジオで懐メロ番組のDJを長年務めるなど、テレビやラジオ番組の司会などで活躍した、元琉球放送アナウンサーの仲地昌京(なかち・しょうきょう)さんが6日午後4時2分、老衰のため沖縄県南風原町内の病院で死去した。85歳。那覇市久米出身。自宅は那覇市小禄。告別式は11日午後4時から4時45分、那覇市泉崎2の103の30、サンレー那覇紫雲閣で。喪主は妻芳江(よしえ)さん。

 極東放送を経て1962年に琉球放送入社。ラジオ局専任局長などを歴任した。落語のような口調とウチナーグチを交えたトーク「仲地節」が人気で、96年に退職後もフリーで活躍した。

 DJを務めたRBCiラジオの懐メロ番組「こんばんは!仲地昌京です」は20年以上にわたる人気番組だった。