ロシアによるウクライナの侵攻が始まって約2週間。診察室では「疲れが取れない」と訴える人が増えてきた。みな直接、ウクライナやロシアと関係があるわけではないが、テレビやSNSでさまざまなニュース、映像を見て、心を痛めたりこれからのことに不安を感じたりしているうちに、すっかり心のエネルギーがそぎ落とされているのだ。

 最新の診断基準では、ニュース映像などはPTSD(心のトラウマ後遺症)を起こさないということになっている。しかし、スマホが普及し、誰もが世界のできごとにダイレクトにアクセスできるようになった。ある患者さんは言っていた。

 「ウクライナに住む日本人の日記をネットで読んでいるんです。...