「おうちパレット」調べ

[コネムラメグミ,ITmedia]

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 NEXER(東京都豊島区)が運営するハウスメーカー・工務店の情報メディア 「おうちパレット」は、東京に住んだことはないが、東京に住みたいと思ったことがある人を対象に調査を実施した。住んでみたい区ランキングの1位は「世田谷区」(54人)だった。

「都民以外が選ぶ東京の住んでみたい区」に関する調査を実施した(画像はイメージ)

 2位は「港区」(50人)、3位は「渋谷区」(43人)、4位は「新宿区」(42人)、5位は「目黒区」(32人)だった。

東京の住んでみたい区ランキング(出所:リリース、以下同)

 世田谷区を選んだ人からは、「緑が多かったり、高級住宅街があったりするエリアといった印象がある」(30代女性・静岡県)、「閑静な住宅地で遊ぶ所も周辺に多いので」(40代女性・千葉県)、「都心から少し離れている分、窮屈さが無いのと、近隣県にもアクセスが良さそうなので」(50代男性・岐阜県)といった声が寄せられた。「憧れの町」「おしゃれ」という声が多かった。

 港区を選んだ回答者からは、「高級でリッチなイメージがある」(40代女性・兵庫県)、「東京の中心で、どこに行くにも交通の便が良いから」(50代男性・静岡県)、「港区はいろいろと面白い街だと思う。エンタメやおいしいものがあり、生活は楽しくなる。ただお金がかかるのが難点だ」(70代男性・神奈川県)というコメントが聞かれた。同社によると「テレビ局や『六本木』『麻布十番』などのイメージから、『芸能人に会えそう』という人もいた」という。

 3位の「渋谷区」を選んだ人からは、「行くところがたくさんあって楽しそう」(30代男性・鳥取県)、「オシャレな店が立ち並び、通勤でスクランブル交差点を闊歩(かっぽ)したい」(50代女性・長野県)、「遊びたい所がいっぱいあるから」(40代女性・長野県)という意見が挙げられた。

渋谷のスクランブル交差点(画像はイメージ)