那覇市の島和子さん(84)は最近、数カ月ぶりにコーラスサークルへ足を運んだ。でも涙が止まらず歌えなかった曲がある。「群青」。東日本大震災の後、福島県南相馬市の小高中学校の卒業生が離れ離れになった仲間を思い、作った

▼島さんは小高区出身。震災翌月から沖縄に避難している。歌詞につづられた「あの日見た夕陽」「あの日見た花火」の光景がまぶたに浮かぶ。どっちも大好きだった。「時間がたつほどますますつらくなって…」

▼実家は津波でなくなった。沖縄には一時滞在...