沖縄経済同友会の3月例会が14日、那覇市内のホテルであり、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が「日本経済・日本的経営の現状・課題と対応策について」と題して講演した。日本の潜在成長率が低迷している要因として「民間企業から有効な投資がなされていない」と指摘。