沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)は8日、サメの体液を参考に開発した「人工羊水」の中で、深海ザメの一種「ヒレタカフジクジラ」の胎仔(たいし)(生まれる前の状態の子ども)の出生サイズまでの育成に成功したと発表した。サメの胎仔を出生サイズまで長期育成するのは世界初。同財団はこの技術について「早産した胎仔の救命や、希少種保全のための人工繁殖技術の確立に大きく貢献することが期待される」としている。(北部報道部・當銘悠)

沖縄美ら海水族館内で育成中のヒレタカフジクジラの胎仔(沖縄美ら島財団提供)

研究に使用した人工子宮装置(沖縄美ら島財団提供)

沖縄美ら海水族館内で育成中のヒレタカフジクジラの胎仔(沖縄美ら島財団提供) 研究に使用した人工子宮装置(沖縄美ら島財団提供)

 ヒレタカフジクジラの胎仔は、子宮の機能を人工的に再現して胎仔を母胎外で育成するための「人工子宮装置」で飼育中。人工子宮装置は、早産した胎仔を救命するための医療技術として、主に哺乳類を対象に国際的に研究が進められてきた。サメ・エイ類など哺乳類以外ではほとんど研究がされておらず、財団では2017年からサメの人工子宮装置の開発に取り組んでいるという。

 20年10月、沖縄美ら海水族館に搬入された雌のヒレタカフジクジラの死亡個体から2尾の胎仔を摘出。人工子宮装置に入れ、約5カ月間育成し、出生サイズまで長期育成することに成功した。

 ヒレタカフジクジラの胎仔は海水では生存できないため、研究では胎仔への環境ストレスを軽減することを目的に開発した「人工羊水」を使用。浸透圧と塩濃度が胎仔の体液とほぼ等しくなるように調整したという。

 同財団総合研究センターの冨田武照さんは「人工子宮装置は、これまで困難だった妊娠期間中の胎仔の生理学的な研究を可能にする画期的な技術。この装置を使って、胎生サメ・エイ類の繁殖メカニズムの謎を解き明かしていきたい」と語った。

 研究成果は2日、国際学術誌「Frontiers in Marine Science」に掲載された。人工子宮装置で飼育中のヒレタカフジクジラの胎仔は、沖縄美ら海水族館「サメ博士の部屋」で展示している。