沖縄県教育委員会は17日、部活動の部員に対して暴力を振るうなどした教諭2人の懲戒処分を発表した。

(資料写真)沖縄県庁

 南部地区の40代男性高校教諭は顧問を務める部活動の練習中、写真を撮ってSNSに投稿した部員を平手打ちして正座させ、約1時間に渡って叱責(しっせき)。他に複数の生徒の頭をはたいたり、「気持ち悪い」など不適切な発言をしたりした。停職1カ月。

 中部地区の40代男性中学教諭は担当する学級の女子生徒2人の耳を触ったり体をくすぐったりする不適切な身体的接触を行った。停職3カ月。

 金城弘昌教育長はコザ高校の男子生徒が顧問から叱責され自殺した問題に触れ「指導を強化しているさなかに体罰があったことは誠に遺憾。教員の人権意識の高揚を図り、再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。