三菱地所(東京都)は15日、那覇市西に同社としては県内初のホテルとなる「ネストホテル那覇西」を開業した=写真。施設の所有権は三菱地所が持つが、ネストホテルジャパンが賃貸し、運営する。全143室。沖縄都市モノレール旭橋駅や、空港や国際通り、企業が多く立地する久茂地地域に近いことなどから、交通の利便性を売りにしている。

「ネストホテル那覇西」の客室のイメージ(提供)

 施設は2020年9月に着工し、今年1月に完成した。地上13階建て。敷地面積は約627平方メートルで、延べ床面積は約3830平方メートル。

 客室タイプはダブル、ツイン、トリプルがあり、最大5人まで利用できるコネクティングルームなどもある。インテリアは、首里織をモチーフにした柄を随所にちりばめながら、都心のモダンな雰囲気も取り入れた。ネストホテルジャパンは、開業した「那覇西」を含め県内で3施設を運営している。