「春のガーデニングセミナー」(主催・沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社)が19日、浦添市のメイクマン浦添本店であり、愛知県を中心に活動する園芸研究家の伊藤章太郎さんが、オーストラリア原産のオージープランツ栽培のこつなどを伝授した。午前・午後の部で計55人が参加した。

講師の伊藤章太郎さん(右)から寄せ植えのこつを教わる参加者=19日、浦添市・メイクマン浦添本店

 伊藤さんは「セミナーを通して、沖縄では植物を大事にしている方が多いと感じた」と話し「オージープランツに限らず、植物は必要以上に世話し過ぎないことも大切。水や肥料のやり方に注意しよう」とアドバイスした。

 寄せ植えの実演会に参加した宜野湾市の高江洲豊さん(56)は「土の作り方などを学べてよかった。これまで、育て方を間違えて枯らしてしまうこともあった。教わったことを生かしたい」と話した。

 20日は午前10時と午後2時に実演会がある。当日の受け付けで参加できる。