島尻消防組合消防本部(沖縄県、屋比久学消防長)は16日、家族で連携して消火活動や119番通報を行い、火災の拡大を防止したとして、南城市大里在住の新垣美佐緒さん(57)と孫の舞さん(15)、美優さん(12)に感謝状を贈った。

感謝状を受け取った(左から)新垣美佐緒さんと孫の快和ちゃん、美優さん、舞さん=16日、南城市・島尻消防組合消防本部

 新垣さんたちは1月26日、自宅隣にある2階建て民家からスプレー缶の破裂音がしたことに気付き、屋外階段の近くにあった木製机などが燃えているのを発見した。舞さんと美佐緒さんがバケツリレーで100回以上水をかけ、美優さんが119番通報した。

 島尻消防が現場に到着した時にはすでに火は消えていたという。出火当時、火災があった民家の住人は不在で、美佐緒さんは「最初はガス爆発したのかと思った。誰もいないことを知っていたので、中に火が入らなくて良かった」と当時の状況を振り返った。

 島尻消防であった表彰式で、感謝状を受け取った舞さんは「こんなに大きな表彰だとは思わなかった」と驚きを隠せない。美優さんも緊張した表情を浮かべながら「思ったより冷静に通報できた」と振り返った。屋比久消防長は「勇気ある行動で火災の延焼を防ぎ、被害を最小限に抑えられた。感謝と敬意を表したい」とたたえた。(南部報道部・我喜屋あかね)