沖縄タイムスの子ども新聞「ワラビー」と沖縄県豊見城市の大型商業施設「イーアス沖縄豊崎」がコラボしたクイズイベント「ふっきなぞとき50年 50問(フィフティー・フィフティー)」が27日、イーアスで開かれた。親子連れなど多数の人が復帰や沖縄についての謎を解こうと知恵を絞った。謎解きは問題を更新しながら12月末まで実施する。参加無料。正解数に応じてお菓子をプレゼントする。

「ふっきなぞとき」に挑戦する男の子=27日午後、豊見城市・イーアス沖縄豊崎(名護大樹撮影)

 この日は3問出題され、参加者は各店舗を巡りヒントを集めたほか、ワラビーらマスコットキャラクターと写真撮影するなど交流も楽しんだ。沖縄タイムスが提供した1972年5月15日の日本復帰当時の紙面や、豊見城市が提供した復帰前後の市内の写真が展示され、来場者が見入った。

 全問正解したうるま市立あげな小学校2年の知花愛琉(あいる)さん(8)は「最初は分からなかったけど、家族と予想しながらいっぱい歩いて楽しかった」とうれしそう。弟の瑛琉(えいる)ちゃん(5)は「ワラビーがもふもふで、かわいかった」と笑った。

(学芸部・又吉嘉例)