沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍流弾:1972年の本土復帰後27件 被害「氷山の一角」米軍が否定も

2017年4月15日 12:30有料

 戦後、県内では米軍演習による跳弾・流弾事件が繰り返し発生している。米軍キャンプ・ハンセンのある金武町では過去、庭で遊んでいた幼児が負傷し、民家の屋根を貫通して女性が重傷を負う事件も発生。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間