1995年に刊行した『陳侃(ちんかん) 使琉球録』を皮切りに冊封琉球使録集成の出版に乗り出したわけだが、冊封使録の全体像を俯瞰(ふかん)するようなテキストがなく、編集作業の上でも、販売の上でも不便を囲っていた。