沖縄県名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は28日午後、周辺に軟弱地盤が広がる大浦湾側で「K8」と呼ばれる護岸の延伸工事に着手すると発表した。午後2時45分ごろ、すでに造成された護岸の先端付近にクレーンが移動しているのが確認された。

K8護岸の先端で延伸工事に取り掛かるクレーン車=28日午後2時45分、名護市・大浦湾

 県は、軟弱地盤の改良工事のための変更承認申請を不承認としたことで、埋め立て工事全体を完成させることがより困難になったとして「全ての工事を中止するべきだ」(玉城デニー知事)と指摘している。

 K8護岸は総延長515メートル。延伸予定地付近の「JPK」と呼ばれる地区に3万8千群体超の小型サンゴが生息していたため、約220メートルで止まっていた。

 防衛局は、小型サンゴの移植を今月16日に終えたことから延伸工事に着手。護岸を410メートルまで延ばす。

 JPK地区のサンゴとは別に、すでに造成されているK8護岸の先端から300メートルほどの距離にある大型サンゴなどの移植は県が2月に不許可としている。

 防衛局は大型サンゴも移植したのちに延伸工事をする予定だったものの、K8護岸の延伸先にはなく、水の濁りなどをシミュレーションした結果、移植前に護岸工事に着手しても「サンゴに影響しない」と判断した。