総合商社の丸紅はこのほど、電気自動車(EV)の配車を最適化する車両予約管理システム「おまかせEV for Biz」を開発し、全国に先駆けて県庁の公用車の一部で提供を始めた。日時や目的地を入力すると、燃料費が最も安い車両を自動的に提案する機能が特徴だ。車両のCO2(二酸化炭素)排出量を算出する機能も有しており、電気自動車とガソリン車のCO2排出量を使用状況に基づき比較することもできる。(政経部・島袋晋作)

 同社の坂上勉沖縄支店長は「自然環境が豊かな沖縄でのEV普及に一役買いたい」と話している。

 丸紅が開発した人工知能(AI)を活用し、複数車両のバッテリー残量や燃費などを把握した上で配車を計画する仕組み。最適な充電タイミングを利用者に提案する機能も備え、予期せぬバッテリー切れを防ぐ。

 ガソリン車と組み合わせて使うことも可能。例えば、同じ時間に複数の車両予約が入っていると、遠隔地に向かう利用者にはより低燃費のEVを提案する。...