沖縄タイムス+プラス プレミアム

恩納村長「銃弾」の究明求める 沖縄県も現場確認へ

2017年4月16日 18:00有料

 沖縄恩納村の米軍キャンプ・ハンセン内の安富祖ダム工事現場で米軍の銃弾とみられるものが見つかった事件で、長浜善巳村長は15日、「一歩間違えば人命に関わる重大な事故だ」と批判した。17日に村議会の仲田豊議長、地元安富祖区の宮里勇区長とともに米軍や防衛局を訪れ、原因究明と再発防止を求める。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間