東急(東京都、高橋和夫社長)と東急不動産(東京都、岡田正志社長)は30日、沖縄県豊見城市瀬長島に2024年4月、客室数101のホテルコンドミニアム「ストーリーライン瀬長島」をオープンすると発表した。

ホテルコンドミニアム「ストーリーライン瀬長島」の外観イメージ図(東急、東急不動産提供)

ホテルコンドミニアム「ストーリーライン瀬長島」の地鎮祭でくわ入れする東急の金山明煥執行役員ホスピタリティ事業部長(右)ら=30日、豊見城市瀬長

ホテルコンドミニアム「ストーリーライン瀬長島」の外観イメージ図(東急、東急不動産提供) 	ホテルコンドミニアム「ストーリーライン瀬長島」の地鎮祭でくわ入れする東急の金山明煥執行役員ホスピタリティ事業部長(右)ら=30日、豊見城市瀬長

 それぞれの客室の所有者が宿泊利用できるほか、グループ企業の東急シェアリングを通して客室として貸し出すこともできる。今年夏から物件を販売する。

 敷地面積は約3800平方メートルで、鉄筋コンクリート造り8階建て。4月1日に着工し24年1月までに完成予定。客室は半数以上が55平方メートルを超える。8階に星空や離着陸する航空機を眺めることができるプールを設けるほか、温泉やレストランも備える。

 地鎮祭が3月30日、現地で行われ東急の金山明煥(あきのり)執行役員ホスピタリティ事業部長らがくわ入れした。金山氏は「飛ぶ航空機も見ることができ海岸もあるユニークな場所。地域特性を生かすという東急の新ブランド『ストーリーライン』を展開する記念となる場所だ」とあいさつした。(南部報道部・又吉健次)