沖縄タイムス+プラス プレミアム

不安定な精神状態のまま銃携え民間地を移動 自殺口走る 2014年の米兵立てこもり事件

2017年4月17日 16:16

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】2014年の米軍キャンプ桑江立てこもり事件の詳細が、本紙が入手した捜査報告書で明らかになった。海兵隊員の男は「入ってきたら傷つく」「確実に自殺したかった」などと語った。同僚から見ても不安定な精神状態のまま、ライフルと銃弾を持って民間地を移動していた。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS