【東京】改正沖縄振興特別措置法などの沖縄関連法が31日の参院本会議で全会一致により可決、成立した。法期限は1日から10年間だが、必要な場合は5年以内の見直しを行うとの付則が新たに盛り込まれた。