自治体首長のリコール(解職請求)運動といえば、提出した署名の8割超に不正があったとされ、その後、大量の偽造が発覚して刑事事件にまで発展した「愛知県知事リコール不正署名事件」を連想する人が多いのではないか。