大弦小弦

[大弦小弦]公開中の米映画「キングコング 髑髏島(どくろとう)の巨神」・・・

2017年4月18日 07:21

 公開中の米映画「キングコング 髑髏島(どくろとう)の巨神」を見た。迫力の怪獣バトルを楽しんだが、いつ襲われるか分からないままジャングルを進む米兵の姿はベトナム戦争そのものだった

▼設定は1973年、米軍のベトナム撤退で本国に戻ろうとするヘリ部隊に、地図にない島の調査が命じられる。空から次々と爆弾を落として島の守護神コングの怒りを買い、全機たたき落とされた

▼米国のベトナム敗北を認めたくない大佐は目前で部下をコングに殺され、正気を失う。生き残った部下の命を顧みず、無謀な戦いをやめない。そもそも米軍が島に侵入しなければ、怪獣は暴れなかったのに

▼米国がシリア、アフガニスタンを爆撃すれば、北朝鮮は「恐れない」とばかりにミサイルを発射する。外交とは呼べない力の誇示合戦が、国際情勢を緊迫化させている

▼沖縄攻撃を想定した米空軍は12日、嘉手納基地の滑走路に戦闘機を陳列。参謀総長はツイッターに「この素晴らしい戦闘能力を見よ」と書き込んだが、怪獣より現実の人間の恐ろしさを痛感した

▼映画の中で末端兵士は「ベトナムで全滅させた村の生き残りは、俺たちが現れるまで銃を見たことがないと言っていた」と心の傷を吐露する。大佐とコング討伐に向かう際、こうつぶやく。「こっちで仕立てなきゃ、敵なんて存在しないのかも」(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間