沖縄タイムス+プラス プレミアム

山城議長裁判:沖縄防衛局職員が証言、傍聴席から遮蔽

2017年4月18日 12:10有料

 昨年1月、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲート前でコンクリートブロックを積み上げたとして、威力業務妨害の罪に問われた沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)と稲葉博氏(66)の第3回公判が17日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ