沖縄地区税関は14日、豊見城市の麻薬探知犬管理センターで、11代目の麻薬探知犬「オスカー号」を公開した。訓練の様子も紹介され、約20個のスーツケースの中から、薬物のにおいが付いたケースを探し当てた。 オスカー号は、雄のラブラドルレトリバー。