[沖スポプラス] 沖縄が生んだ15歳の剛腕が海を渡った。沖縄市の津嘉山憲志郎は3月に美東中を卒業し、甲子園に春夏通算8度出場の強豪・神戸国際大付高に7日、入学する。身長178センチ、体重95キロの恵まれた体格から繰り出す直球は、硬式球で最速148キロ。