ウクライナ出身で沖縄科学技術大学院大学(OIST)の技術員として働くメドヴィドフ・マイコラさん(47)のめいメドヴィドワ・ディアナさん(30)が、ロシアの侵攻が続く戦火の祖国から今週中にも那覇空港に到着する。県ウクライナ避難民等支援本部の協力で、県内に避難するのは初めてとみられる。ディアナさんから5日に成田空港に到着したと連絡を受けたマイコラさんは「本当にうれしい」と安堵(あんど)し、那覇への到着を待っている。(社会部・當銘悠)

姪のメドヴィドワ・ディアナさんから成田空港へ到着したと連絡を受けるメドヴィドフ・マイコラさん=5日、北谷町

 マイコラさんは、ウクライナ北東部に住むディアナさんとSNSで連絡を取り合い、安否や現地の状況を確認してきた。家の周辺では砲撃の音が響いている状況だと聞いていた。

 ディアナさんが「紛争から逃れたい」と国外への避難を希望していたことから、マイコラさんが名護市にあるNPO法人「数学・科学技術推進協会MathMathGood」の知人に相談。県や出入国在留管理庁に問い合わせるなど協力し、避難が実現した。

 安全に避難できるかの不安も大きかった。ディアナさんが住む地域の周囲は既にロシア軍が占領。親ロシア派勢力の許可を得てバスに乗り、モスクワ市内の日本大使館に向かった。4日にモスクワの空港を出発してカタール経由で成田に到着した。

 マイコラさんは「命の危険がなくなるまで沖縄にいてほしい。就労支援などをしてもらえたらとてもうれしい」とディアナさんの到着を待ちつつ、県民に協力を呼びかけた。

 祖国には、子どもが産まれたばかりのディアナさんの弟と母が残っている。故郷の状況に「2人のことも心配だ。多くのウクライナの人が職を失ったり、命を失っている本当に苦しい」と胸の内を語った。

 協力した同法人理事長の佐々木陽悠(はるゆき)さん(20)は「ウクライナの厳しい現実を連日、映像などで目にする。ウクライナの問題から目を背けるわけにはいかない」と話した。