西武・プリンスホテルズワールドワイド(東京)は6日、宜野湾市真志喜の宜野湾港マリーナ前で、県内初進出となるリゾートホテル「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」の開業レセプションを開いた。開業は12日。

「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」のプール=6日、宜野湾市

 西武ホールディングスの後藤高志社長は「悲願の出店。宜野湾は日本トップクラスのオーシャンリゾートとして成長が期待できる。同ホテルが沖縄の魅力発信拠点となるように尽力する」と意気込んだ。

 地上14階建て、全340室はオーシャンビューのテラス付き。ホテル館内にはレストランやスパの他、2階と最上階には海が望めるインフィニティプールがある。敷地面積は約8003平方メートルで、延べ床面積は約2万9210平方メートル。

 県内の若手クリエイターとのコラボイベントも企画していて、ホテル内でシーサー作家の宮城光男さんやパフューマー(調香師)の山城遥奈さんの商品販売もする予定。

 レセプションに訪れた玉城デニー知事は「官民一体となり、沖縄観光を盛り上げていこう」とあいさつした。

(政経部・又吉朝香)