名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が提出した埋め立て変更承認申請を不承認とした県の処分を、国土交通相が8日にも取り消すが、ただちに承認を得たことにはならず、県は再び判断を迫られることになる。新基地建設阻止を掲げる玉城デニー知事は国地方係争処理委員会への申し出や訴訟で対抗する見通しで、国と県の争いはなお続くことが予想される。(政経部・大城大輔)

 防衛局が、私人の権利利益を救済する行政不服...