沖縄タイムス+プラス プレミアム

「軍人軍属だけ補償おかしい」 戦災孤児を苦しめたトラウマ 「南洋戦国賠訴訟」原告の思い

2017年4月20日 20:14有料

 太平洋戦争中に旧南洋群島(北マリアナ諸島)やフィリピンで、戦火に巻き込まれた住民や遺族ら45人が国に対して謝罪と1人当たり1100万円を求めた「南洋戦国賠訴訟」が19日、那覇地裁で結審した。 原告2人が「民間人の被害に向き合って補償してほしい」と剱持淳子裁判長に訴えた。判決日は追って指定される。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間