【キーウ共同】ロシア軍の包囲攻撃を受けるウクライナ南東部の要衝マリウポリのボイチェンコ市長は11日、AP通信に対し、既に民間人1万人以上が死亡し、犠牲者が2万人を超える恐れがあると述べた。ロシア軍の支援を受ける親ロ派はマリウポリ制圧へ向け化学部隊の投入に言及。ウクライナ国防省はロシア軍がドネツク、ルガンスクの東部2州で総攻撃態勢を整えつつあるとした。

 親ロシア派部隊の装甲車=10日、ウクライナ・マリウポリ郊外(ロイター=共同)

 マリウポリではロシア軍が、ウクライナ側の部隊をアゾフ海に面する製鉄所に追い込んだ。ロシア国防省は12日、製鉄所近くから逃走を図ったウクライナ側の部隊約100人を攻撃し半数を殺害したと表明した。(共同通信)