島ぜんぶでおーきな祭「第9回沖縄国際映画祭」(主催・同実行委員会)の一環で21日、93歳の新人監督がデビューする。宜野湾市の遠藤保雄さんが1950年代から沖縄で撮りためた8ミリフィルムなどを、沖縄アーカイブ研究所がデジタル化し編集。