沖縄タイムス+プラス プレミアム

創薬研究や地域医療推進へ 西普天間の国際医療拠点構想まとまる

2017年4月21日 13:54有料

 国と沖縄県、宜野湾市などは20日までに、西普天間住宅地区の国際医療拠点構想の概要をまとめた。核となる琉球大学医学部・付属病院に、生物資源を利用した創薬研究の拠点や離島・へき地への医師派遣など地域医療水準を向上させる機能を持たせる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ