高校野球の春季九州大会(第150回九州大会)は14日、宮崎市内で組み合わせ抽選会が行われ、沖縄代表の沖縄水産は24日の1回戦(ひなたサンマリンスタジアム宮崎、午前10時)で今春の選抜大会に出場した長崎日大と対戦することが決まった。

(資料写真)沖縄水産

 今大会は選抜出場校も1回戦から登場。8強入りした九州国際大付(福岡)は、1回戦で東明館(佐賀)とぶつかる。昨秋九州2位の大島(鹿児島)が小林西(宮崎)、有田工業(佐賀)は西日本短大付(福岡)とそれぞれ対戦。21世紀枠で出場した大分舞鶴は九州学院(熊本)と初戦で顔を合わせる。

 春季大会は16校が出場し、23~28日まで宮崎県で行われる。