[胃心地いいね](672)「Donald's Poke Shop」 沖縄市上地1の16の2

「ポケボウル」(左)と「ボムセット」。いすれも好きな味付けを選べる

アットホームな店づくりを心掛けているオーナーのウェイトマン・ドナルドさん(後列中央)と店長の玉城由美子さん(左)ら=7日、沖縄市上地

「ポケボウル」(左)と「ボムセット」。いすれも好きな味付けを選べる アットホームな店づくりを心掛けているオーナーのウェイトマン・ドナルドさん(後列中央)と店長の玉城由美子さん(左)ら=7日、沖縄市上地

 海鮮の切り身に調味料を混ぜて作ったハワイ料理「ポケ」が楽しめる「Donald’s Poke Shop」(ドナルズ ポケ ショップ)。ハワイ島出身のウェイトマン・ドナルドさん(54)がオーナーを務め、素材にこだわった本場の味が人気だ。

 知人業者が市場で競り落とした新鮮な魚を使用。キハダマグロやメバチマグロを中心に、旬の魚を扱う。ウェイトマンさんは「クオリティーを下げたくないので、いい魚が入らなければ店を開けない」ほど魚選びを大切にしている。

 ポケの味付けは、日本人の口に合わせるのではなく「本場ハワイの味」。ハワイで基本の味付けとされる「ルアウ」は塩、ニンニク、ゴマ油ベース。ハワイ島から取り寄せた甘みがある塩を3種類ブレンドしている。その他、ピリ辛マヨネーズ味の「スパイシー」、「キムチ」、アボカド、カニカマ、キュウリ、クリームチーズを加えた「スパイシーカリフォルニア」から選べる。

 白米に乗せた「ポケボウル」は1080円。ポケと白米をいなりの皮で包んだ「ボム」が4個入った「ボムセット」は540円。皮の甘さとポケの塩気や辛みが相性抜群だ。

 オリジナルの天ぷら粉にビールを加えてサクサクの衣に仕上げた魚の天ぷら丼「ビアバターボウル」(1080円)や、甘ダレをかけた唐揚げ丼「コリアンチキンボウル」(同)も人気がある。

 米国人の父と沖縄出身の母の間に生まれたウェイトマンさんは、沖縄出身の女性との結婚を機に沖縄へ移住。ハワイアンレストランでの勤務経験もあり、釣った魚でポケを作り友人に振る舞ったところ大好評。リクエストが増えたため、2017年に店をオープンさせた。

 口コミで広がり、米軍関係者も多く利用。客の約7割が外国人だ。ウェイトマンさんは「ハワイの味は、日本人の口にも合うと思う。本格的なハワイのソウルフードを食べに、足を運んでくれたらうれしい」と笑顔を見せた。(中部報道部・屋宜菜々子)

=金曜日掲載

 【お店データ】午前11時~午後3時(完売次第終了。午後2時以降は電話確認を)。土・日・月曜定休(5月以降は土曜も営業)。テイクアウトあり。駐車場は周辺コインパーキングを利用(100円キャッシュバック)。電話090(2854)1808