沖縄県は15日、西原浄水場周辺の工業団地や農地から、国の暫定目標値(1リットル当たり50ナノグラム)を超える有機フッ素化合物(PFAS)が検出されたと発表した。発生源は不明。飲用水としては使われていないという。

(資料写真)西原浄水場(沖縄県企業局のホームページから)

 県はPFASが検出された地下水を飲用水や農業用水に使わないよう呼び掛けている。今後、検出された地点周辺の企業などにPFASの保有・使用履歴を確認するなどして、発生源の特定を進める。