沖縄タイムス+プラス プレミアム

安富祖ダム工事「銃弾」現場で沖縄県が調査 米軍は同行せず

2017年4月22日 10:18有料

 恩納村の米軍キャンプ・ハンセン内の安富祖ダム工事現場で、民間会社の従業員の車両や水タンクが米軍の銃弾とみられる物で傷つけられた事件で、沖縄県の吉田勝廣政策調整監は21日、事件現場を視察した。 視察後、吉田氏は地域や工事関係者の安全のためには米軍による真相究明が最優先との認識を示した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気