【沖縄】照屋寛徳氏の死去を受けて玉城デニー知事は15日、沖縄市内で記者団に「弁護士としても政治家としても常に市民の側に立ち、県民のためにご尽力いただいた。心痛に堪えない」と語った。

玉城デニー沖縄県知事

 高校の先輩後輩で「寛徳さん」と呼んでいた。「言葉と行動が全て沖縄の将来のためにという一点で行動されていた」と振り返った。今年に入って電話をもらい「厳しい状況だけど頑張って」と励まされたのが最後の会話だったという。

 基地問題などの対応について「沖縄が構造的差別に置かれている以上、日米両政府に不条理を解消するための要求を、寛徳先生の遺志を継いでしっかり続けていく」と述べた。